スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

白菜の和風ケチャップ煮

2013/02/26 16:08 

白菜の和風ケチャップ煮


お鍋に使ったりと活躍の白菜ですが、ちょっとだけ残っちゃったんで思いつきのおかずを作ってみた。
これがねえ、なかなかいけてたんですよ。

白菜の和風ケチャップ煮1白菜はひとくちサイズにザクザク切っていきます。

白菜は3枚分ほど使い、水の量は白菜から水分が出るので控えめ







白菜の和風ケチャップ煮2 煮立ってきたら白だし大1を加えます

さらに、パリッとタイプのウインナー1袋を1本を3等分くらいに切って投入

一応、切ってから5分くらいは水に漬けて添加物抜きをしてみた





白菜の和風ケチャップ煮3 さらに、ケチャップ大1を加えて煮る

味をみて、追加の白だしで味を整えればできあがり

白だしがない場合は、カツオだしやほんだしなんかでも。





本日のポイントは、味が薄いなあと思って最後にケチャップを足すとケチャップ味になってしまうので、ケチャップちょっと薄いかなあと思ったら白ダシを加えたほうが賢明です。

ランキングバナーを応援クリックよろしくお願いします。
レシピブログ茶 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

けっこう前に作ったので、水の量が何ccだったか忘れちゃったんですが、鍋に入れた白菜が出ているくらいの少量です。
たしか大2だったと思う。

ここんとこ大寒波が押し寄せてきていて、雪国はすごい状況みたいですね。
冬ももう少し、がんばりましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

和食Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

お家で嬉野温泉の湯豆腐

2013/02/18 17:39 

嬉野温泉湯豆腐


つい10日くらい前はこのまま春~くらいに思っていましたが、
なんですのこの寒さ!

あったまりたくて嬉野温泉の湯豆腐セット、買ってみました。

ここんとことろ~り湯豆腐にはまっているので、とろ~りするのはわかっていたけど、嬉野温泉だとどんだけ違うのか確かめてみたかったのだ。
なんたって、日本三大美肌の湯ってんだから、これ食べたら美肌になっちゃいそう。
なんて思ってたら、タイミングよく、昨日のテレビで嬉野温泉の湯は入るだけじゃなくて飲むのもいいとやってましたがな。

昔、お侍さんが、刀傷を治すためにこの温泉に入ったらたちまちに治って「うれし~の~」って言ったのが始まりなんだって。
私のダンスの先生がその噂を聞きつけて、交通事故にあった足を治しに行ったらマジ治ったってびっくりしてましたがな。
ウソみたいなホントの話。

嬉野温泉湯豆腐1 佐賀大豆100%の豆腐をパウチパックに入った温泉の水に入れてグツグツ

ちょっとしょっぱいようなかんじの塩気を感じる温泉水です







嬉野温泉湯豆腐2 だんだん白く濁ってきます

これ豆腐が溶けてくるわけです

やりすぎるとなくなっちゃうよw





嬉野温泉湯豆腐3 四角いはずのお豆腐の角が丸いっしょ?

なんとも優しい感じになるのです







嬉野温泉湯豆腐4 肝心の温泉水を飲まなくちゃ美しくなれないべ。

意地でも飲むわよ~!

豆腐が溶け出したなんとも優しい味になってます。

あったかい豆乳よりくせもなく。


どうしてお豆腐が溶けるのかというと、水素イオンが溶けた弱アルカリ性でナトリウムを含む温泉水だから。

肝心の味ですが、豆腐は木綿ぽくて、どちらかといえば絹派の自分としては家で作るとろ~り豆腐の方が好きかなあ。

タレもせっかく嬉野独自のゴマだれが入ってたのに、醤油ベースの我が家の湯豆腐のタレで食べちゃった。
次回のとろり豆腐の時に使ってみようっと。

今日も寒いから味噌汁止めて夕飯は湯豆腐だな。

ランキングバナーを応援クリックよろしくお願いします。
レシピブログ茶 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


【手土産に最適】佐賀県産大豆使用嬉野温泉名物 温泉湯豆腐(1〜2名様分を3セット)ごまだれ付き

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

和食Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

白たまねぎ(ホワイトオニオン)とかいわれのサラダ

2013/02/12 15:49 

白たまねぎ(ホワイトオニオン)とかいわれのサラダ


野菜売り場にたまねぎを買いに行ったら

鉄腕ダッシュでTOKIOが絶賛した白たまねぎ

っていうpopが

どうやら鉄腕ダッシュでTOKIOの松岡くんと山口くんが浜松を訪れ白たまねぎを紹介したらしく。

さらに調べてみると、この白たまねぎ(ホワイトオニオン)、浜松でしか作っていないらしく。

そうなの~?

私は、この時期になると毎年出てくる新たまねぎだと思っていて、静岡県内(といっても一部かも)白いのとちょっと黄色っぽいのと2種類売ってるわけです。

だから、気分によって色を変えて、今日はしろ、今日はきいろってかんじで。(下着かよ!)

普通にオニオンサラダでかつおぶしまぶして食べてたんですが、鉄腕ダッシュでも生産農家の方が、かつおぶしをまぶす食べ方を紹介していたらしく、松岡君と山口君が大絶賛していたそうな。

松岡君は

「梨みたい」って言っていたそうなんですが、まさにそんなかんじ。

歯ざわりは梨やりんごっぽくて、特有の辛味は少なくて切っていても目も痛くならないのです。
そして、一番の特長は、水にさらさないで食べる生たまねぎなので、別名サラダオニオンとも言われています。

白たまねぎ(ホワイトオニオン)とかいわれのサラダ1売ってるほとんどの白たまねぎは、芽が伸びて茎みたいなのがついた状態で売っています。

茎部分は私はあんまり使わないので切ってしまっています。

今回、2個で160円だったけど、普通のたまねぎよりは少し高く、新たまねぎ並みの価格です。

でも、静岡以外だと1個160円とかするみたいですね。

白たまねぎ(ホワイトオニオン)とかいわれのサラダ2 中を切っても真っ白。

実は外側は新しくてもちょっと干したようなかんじになってます。

不思議なことにスライサーって使えないんですよ~。

だから包丁でスライスするしかありません。

今回はスライスした白たまねぎにかいわれをあわせ、かつおぶしとしょうゆで合わせてみました。
うちの家族も、この食べ方だとお箸が止まらない。
普通のたまねぎじゃこんなに食べれません。


私が野菜が好きになったきっかけってたまねぎ農家さんの採れたての白たまねぎや新たまねぎを食べてからなんですが、なんせ新しかったんでおいしかったんです。

日にちが経ったものはみずみずしさもなくて辛くてまずいです。

なので、なるべく新しいのを買うことをおすすめします。

鉄腕ダッシュではオリーブオイルをかけていたらしいので、たまねぎが苦手な方はオイルをかけたほうが食べやすいかも。
もし手に入ったらぜひ1度試してみてくださいね。

ランキングバナーを応援クリックよろしくお願いします。
レシピブログ茶 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

和食Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

豚はらみのおでん

2013/02/07 16:39 

豚はらみのおでん


前回申し上げた豚ハラミの一品、今回はおでんです。
豚はらみのおでん1豚はらみ、今回はこんなかんじで売ってました

元々がこういうお肉ではなく、皮に覆われたような豚ハラミの状態から売り場の方がお肉を取り出してくれているんです






豚はらみのおでん2 見た目はひれ肉みたいでしょ?

楊枝なんかを刺しても簡単にサッと入るような赤身のお肉

特ににおいもない普通のお肉です





豚はらみのおでん3 おでんにする前に、我が家特有ですが下茹でいたします

お肉のにおいが気にならない方はそのまま調理開始でOKですよ







豚はらみのおでん4 下茹でした豚ハラミをまずは圧力鍋で。

圧力鍋の仕様によって加圧時間は適当に。

その後、かつおとこんぶベースのおだし醤油を加えて、大根・こんにゃく・練り物を加えていきます




豚はらみのおでん6 煮汁は静岡おでん風おしょうゆで。

もちろん黒はんぺんも入れました。

豚はらみは見た目はお肉なんだけど、こうするとモツっぽくもあり。





豚はらみのおでん5喩えていうなら

ボンカレーのお肉みたいなかんじ

見た目のひれ肉のかんじとは全然違います。

牛はらみは煮たことないからわからないけど、豚ハラミは焼肉にするのとは味が変わるって不思議。

お肉の繊維もホロホロと縦に裂けるように崩れてきて、脂身は中には入り込んでいないのでさっぱりとしたお肉です。

なかなか手に入りにくいお肉だとは思いますが、価格も100g50円~60円くらいなので、目にしたら挑戦してみるのもありですよ。

今回練り物から甘味が出たので特に甘味は加えませんでしたが、お好みで甘味を加えてください。

ランキングバナーを応援クリックよろしくお願いします。
レシピブログ茶 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

和食Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

珍しい!豚ハラミで焼肉

2013/02/05 15:12 

珍しい豚はらみの焼肉


焼肉屋さんで牛のはらみっていうのは見たことありますが、お肉売り場で豚のはらみを発見。
思わず買ってみました。

今回は2度目の購入。
きちんと下処理してあるタイプを目当てに買いに行った際に下処理してない方しかなく、安かったので買ってみることに。
家族総出ではさみでチョキチョキして赤身を切り出したところ、ほんの少しの細長いお肉しか残らず。
下処理してないのはお肉のかたまりみたいのなんで、
「たったこれだけ???」
という想いが。
ものすご~く安く買ってきたからまあ仕方ないか。

珍しい豚はらみの焼肉1 にんにくのすりおろし、塩、ごま油で下味をつけました。









珍しい豚はらみの焼肉2 焼いてみると

うま~!

これはリピ。と思いつつ、次回は下処理してあるものを買おうと。

というか、すでに買ってきました。

近日中に豚はらみでもう1品ご披露いたします。



ランキングバナーを応援クリックよろしくお願いします。
レシピブログ茶 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

テーマ : こんなの食べてみた - ジャンル : グルメ

和食Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。