スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ごぼうのさっぱり醤油漬け

2013/11/20 15:00 

ごぼうのさっぱり醤油漬け


今回穂先のごぼうを集めた柔らかいごぼうを使いましたが、普通のごぼうを一口サイズに切って同じように作れます。
煮物とはひと味違う、お漬物みたいなごぼうです。

やわらか穂先ごぼうこれが穂先だけを集めたごぼう。

ふにゃっと曲がるくらい柔らかいです。

ちなみにごぼうの量は150g





ごぼうのさっぱり醤油漬け1 お湯を沸かして、かためのところは沸騰前にひと足早く投入。









ごぼうのさっぱり醤油漬け2 お湯が沸騰してきたら柔らかい部分を投入し、20~30秒ほどさっとお湯に通す。

このとき皮はむかずに洗ってひげ根だけを取っておく。

ザルにとって一口サイズに切って冷ましておく。





ごぼうのさっぱり醤油漬け3 鍋に水100ccを沸かし、だし醤油 大2弱、減塩醤油 小1を投入。

我が家は減塩醤油なので、普通の醤油の場合は小1/2強程度でいいのではないでしょうか。





ごぼうのさっぱり醤油漬け4沸騰し味が馴染んだら火を止め、酢 大1投入。

酸味が好きな方は冷めてから投入。







ごぼうのさっぱり醤油漬け5 ひと口大に切ったごぼうに漬け汁を加え、1日ほど漬ければできあがり。

初日は若干酢の酸味を感じますが、日を追うごとに酸味はなくなります。







ごぼうのさっぱり醤油漬け6


我が家のある日の茶色い食卓。

ごぼうの皮は穂先だからむかなかったのではなく、普通のごぼうの場合もよく洗ってひげ根だけ取れば大丈夫です。
というのも、せっかくアンチエイジング作用があるのにもったいないじゃない。

シャキシャキとまるで生の野菜を食べてるような歯ごたえがおいしいので、普通のごぼうで作る場合、茹で時間はシャキシャキが残る程度にしてください。

短時間で食べきる場合は漬け汁の水にごぼうの茹で汁使うのもいいんですが、1週間くらい経つと漬け汁自体にごぼうの香りが強く出てくるので、水で大丈夫です。
茹で汁には大量のアンチエイジング有効エキスは溶け出ていないと思います。

酢は酸味や保存のためだけでなく、ごぼうのシャキシャキ感維持のために投入しておりますので、酸味が苦手な方は早めに酢を入れて酸味を飛ばしちゃってください。

ランキングバナーを応援クリックよろしくお願いします。
レシピブログ茶 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

和食Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

なぁるほど…

v-132 これならゴボウがいっぱい食べられますね…♪
 食感も良さそうだし、鷹の爪なんか1本漬け込んでもまたいぃかも…
 弁当用に、3cmバージョンも作ってみよーかなー…

             <ののちゃんより>


No:3773 2013/11/29 21:28 | kitcat #SNBUdj4AURL編集 ]

< ののちゃん

ポリポリと食が進んでしまうので、味見のつもりが・・・
すっかり常備菜になりそうです。


No:3776 2013/12/01 18:35 | なめっぴ #VrfWolNMURL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。