スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

静岡おでんPart2

2008/01/25 17:15 

静岡おでん4

水・砂糖・しょうゆ・みりん 適量
(具材必須)
黒はんぺん・牛切り出しまたは牛すじ
(その他具材)
大根・じゃがいも・練り製品など
(今回スペシャル)
シャウエッセンソーセージ・厚揚げ           

作り方などは以前記事にいたしましたので参考にどうぞ。→静岡おでん
今回みなさんにご提案は、シャウエッセンなどの皮付きソーセージをおしょうゆで煮込むということです。
静岡おでん以外のおでんはお出汁で煮込むことが多く、時々ソーセージなども入っていることが、子供の頃、赤いウインナーがおでんに入っており、私にとってはお肉よりも赤いウインナーはご馳走に思えて仕方がありませんでした。
そんなことを思い出し、恐る恐るシャウエッセンを入れてみましたところおいしかったのです。
もちろん水からお湯で下茹でし、余分な油や若干の塩を抜きました。

おでんのみならず、ソーセージをだしたっぷりの薄いおしょうゆで煮るってのもアリなんじゃないでしょうか?

今回、もう1品、厚揚げを入れてみました。
コンビ二のおでんで厚揚げなどがあり買ってみたところおいしかったのでやってみました。
よく考えれば煮物に厚揚げを使うのでなんら違和感もありませんでした。

前回の静岡おでんで書くのを忘れましたが、黒はんぺんなるもの。
簡単に説明するといわしのつみれをもっとなめらかにしたものなのですが、通販などで販売されているご大層な黒はんぺんよりも地元のスーパーで売っている50円~100円のものの方が地元では食されております。
静岡おでん2

薄くてペラッペラッなのですが、これがなければ静岡おでんにはなりませぬ。
だし汁に味が広がって、でもそんなに臭くなくいいかんじです。

こちらも必需品。↓
静岡おでん3

青海苔とかつお節の粉・いわしやさばの粉が混ざっています。
大阪の串揚げのソースのように、バットやプラケースにこの粉が入ってお店には置いてあります。
が、正直内容によっては魚臭かったりします。
人によっては粉無しで食べる方も多いです。

ランキングに参加しています。よければポチっと押してください。

 にほんブログ村 料理ブログへ

テーマ : ばんごはん - ジャンル : グルメ

和食Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。